当番表メーカー
当番表メーカー


RECOMMEND ENTRIES

八咫烏発砲インキでTシャツフラメンコ イラストアボイダーアウディ姫センバルセロナの街トマムの雲海アンコールワットラオスだんじりパロネラパーク


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
LANGUAGE




PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
SEARCH
   
   
   
MOBILE
qrcode
LINKS
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日本全国の駅Mapを作ってみた。
JavaScript / 84min
0
    日本全国の駅マップ
    http://84min.com/eki/

    Fusion Tablesを使った。
    http://www.google.com/drive/apps.html#fusiontables

    10,772ヶ所のポイントを描画できてしまうのがすごい。

    この1万件以上の情報は駅データ.jpからcsvファイルをダウンロードし、
    そのファイルをFusion Tables上でインポート。

    現時点のFusion Tables上の編集がいまいち反映されないようで、
    「Help」から「Back to Classic look」にしてから、編集するのがコツ。

    「Visualize」から「Map」を選んで編集する。

    Info windowは
    「Configure info window」の「Custom」で編集すれば、任意の表示ができる。
    以下のようにして、スマホで見た時にMapアプリで開くようにしてみた(つもり)。
    <div class='googft-info-window'>
    <b> {station_name}</b><br>
    {add}<br>
    <a href="http://maps.google.com/maps?q={lat},{lon}">Mapアプリで開く</a>
    </div>

    アイコンは「Configure styles」から変更した。


     
    | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    pagetop
    カラーバーの色をランダムに。
    JavaScript / 84min
    0
      ランダムカラーバー

      昨日作ったカラーバースクリプトの改良版。
      ランダムな色のカラーバー画面を生成する「ランダムカラーバー」スクリプト。
      毎回違う色の組み合わせを楽しむ。
      これが私の狙いだったのですが、ランダムだとパステルカラー多用って感じでなんだかダサダサだ。

      var in_width = prompt("画面のヨコ幅を入力してください。単位:pixel",1280);
      var width = eval(in_width);
      if (!width) alert("数値を入力して下さい。");

      var in_height = prompt("画面のタテ幅を入力してください。単位:pixel",1024);
      var height = eval(in_height);
      if (!height) alert("数値を入力して下さい。");

      layerObj = app.activeDocument.activeLayer;
      function setColor(r,g,b){
      var tmpColor = new RGBColor();
      tmpColor.red = r;
      tmpColor.green = g;
      tmpColor.blue = b;
      return tmpColor;
      }

      function draw_rect(y,x,w,h,c){
      pObj = layerObj.pathItems.rectangle(y,x,w,h);
      pObj.filled = true;
      pObj.stroked = false;
      pObj.fillColor = c;
      }

      function rn(){
      var num = Math.floor(Math.random()*255);
      return num;
      }

      //幅の設定
      var w1 = width/7;
      w1 = w1.toFixed(0);
      var w2 = width - w1*6;
      var w3 = w1*5/4;
      w3 = w3.toFixed(0);
      var w4 = w1*5 - w3*3;
      var w5 = w1/3;
      w5 = w5.toFixed(0);
      var w6 = w1 - w5*2;

      //高さの設定
      var h3 = height*0.25;
      h3 = h3.toFixed(0);
      var h2 = height*0.084;
      h2 = h2.toFixed(0);
      var h1 = height - h2 - h3;

      //色の設定
      var c1 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c2 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c3 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c4 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c5 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c6 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c7 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c8 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c9 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c10 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c11 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c12 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c13 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c14 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c15 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c16 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c17 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c18 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c19 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c20 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c21 = setColor(rn(),rn(),rn());
      var c22 = setColor(rn(),rn(),rn());

      //Y座標の設定
      var y1 = height - h1;
      var y2 = h3;

      //上段の描画
      draw_rect(height,0,w1,h1,c1);
      draw_rect(height,w1,w1,h1,c2);
      draw_rect(height,w1*2,w1,h1,c3);
      draw_rect(height,w1*3,w1,h1,c4);
      draw_rect(height,w1*4,w1,h1,c5);
      draw_rect(height,w1*5,w1,h1,c6);
      draw_rect(height,w1*6,w2,h1,c7);

      //中段の描画
      draw_rect(y1,0,w1,h2,c8);
      draw_rect(y1,w1,w1,h2,c9);
      draw_rect(y1,w1*2,w1,h2,c10);
      draw_rect(y1,w1*3,w1,h2,c11);
      draw_rect(y1,w1*4,w1,h2,c12);
      draw_rect(y1,w1*5,w1,h2,c13);
      draw_rect(y1,w1*6,w2,h2,c14);

      //下段の描画
      draw_rect(y2,0,w3,h3,c15);
      draw_rect(y2,w3,w3,h3,c16);
      draw_rect(y2,w3*2,w3,h3,c17);
      draw_rect(y2,w3*3,w4,h3,c18);
      draw_rect(y2,w1*5,w5,h3,c19);
      draw_rect(y2,w1*5+w5*1,w5,h3,c20);
      draw_rect(y2,w1*5 + w5*2,w6,h3,c21);
      draw_rect(y2,w1*6,w2,h3,c22);
      | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      pagetop
      放送休止時のカラーバーの壁紙をillustratorで作ってみた。(スクリプト版)
      JavaScript / 84min
      0
        深夜のTVで目にするあのカラフルなパターン。
        PCの壁紙にと思って作ってみた。

        カラーバー壁紙
        1280×1024

        カラーバー壁紙
        1024×768

        カラーバー壁紙
        1280×800

        作成する画面のサイズを入力するダイアログから画面サイズに応じたカラーバー画面が作れるというスクリプトを書いてみた。
        動作環境:illustrator CS3
         
        var in_width = prompt("画面のヨコ幅を入力してください。単位:pixel",1280);
        var width = eval(in_width);
        if (!width) alert("数値を入力して下さい。");

        var in_height = prompt("画面のタテ幅を入力してください。単位:pixel",1024);
        var height = eval(in_height);
        if (!height) alert("数値を入力して下さい。");

        layerObj = app.activeDocument.activeLayer;
        function setColor(r,g,b){
        var tmpColor = new RGBColor();
        tmpColor.red = r;
        tmpColor.green = g;
        tmpColor.blue = b;
        return tmpColor;
        }

        function draw_rect(y,x,w,h,c){
        pObj = layerObj.pathItems.rectangle(y,x,w,h);
        pObj.filled = true; // 塗りあり
        pObj.stroked = false; // 線なし
        pObj.fillColor = c; // 塗りの色を指定
        }

        //幅の設定
        var w1 = width/7;
        w1 = w1.toFixed(0);
        var w2 = width - w1*6;
        var w3 = w1*5/4;
        w3 = w3.toFixed(0);
        var w4 = w1*5 - w3*3;
        var w5 = w1/3;
        w5 = w5.toFixed(0);
        var w6 = w1 - w5*2;

        //高さの設定
        var h3 = height*0.25;
        h3 = h3.toFixed(0);
        var h2 = height*0.084;
        h2 = h2.toFixed(0);
        var h1 = height - h2 - h3;

        //色の設定
        var c1 = setColor(180,180,180); 
        var c2 = setColor(180,180,2); 
        var c3 =  setColor(13,180,180); 
        var c4 =  setColor(13,180,12);
        var c5 =  setColor(180,16,180);
        var c6 = setColor(180,15,14);
        var c7 =  setColor(15,15,180);
        var c8 =  setColor(16,16,16);
        var c9 =  setColor(8,29,66);
        var c10 =  setColor(235,235,235);
        var c11 =  setColor(44,0,92);
        var c12 =  setColor(7,7,7);
        var c13 =  setColor(24,24,24);

        //Y座標の設定
        var y1 = height - h1;
        var y2 = h3;

        //上段の描画
        draw_rect(height,0,w1,h1,c1);
        draw_rect(height,w1,w1,h1,c2);
        draw_rect(height,w1*2,w1,h1,c3);
        draw_rect(height,w1*3,w1,h1,c4);
        draw_rect(height,w1*4,w1,h1,c5);
        draw_rect(height,w1*5,w1,h1,c6);
        draw_rect(height,w1*6,w2,h1,c7);

        //中段の描画
        draw_rect(y1,0,w1,h2,c7);
        draw_rect(y1,w1,w1,h2,c8);
        draw_rect(y1,w1*2,w1,h2,c5);
        draw_rect(y1,w1*3,w1,h2,c8);
        draw_rect(y1,w1*4,w1,h2,c3);
        draw_rect(y1,w1*5,w1,h2,c8);
        draw_rect(y1,w1*6,w2,h2,c1);

        //下段の描画
        draw_rect(y2,0,w3,h3,c9);
        draw_rect(y2,w3,w3,h3,c10);
        draw_rect(y2,w3*2,w3,h3,c11);
        draw_rect(y2,w3*3,w4,h3,c8);
        draw_rect(y2,w1*5,w5,h3,c12);
        draw_rect(y2,w1*5+w5*1,w5,h3,c8);
        draw_rect(y2,w1*5 + w5*2,w6,h3,c13);
        draw_rect(y2,w1*6,w2,h3,c8);
        | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        pagetop
        正規表現 文字置き換え
        JavaScript / 84min
        0
          わかりやすかったのでメモ。

          http://javascript123.seesaa.net/article/141315325.html
          | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          pagetop
          InDesign 画像一括拡大/縮小スクリプト
          JavaScript / 84min
          0

            配置画像のスケールを一括で変更するスクリプトを作ってみました。
            私が知らないだけで、GUI操作でできたりして(汗)
            環境は
            MacOS10.6
            InDesign CS3
             

             
            //画像一括拡大/縮小スクリプト
            var myInpScale = prompt("拡大/縮小の値を入力してください。単位:%",100);
            var myScale = eval(myInpScale);
            if (!myScale) alert("倍率(半角数字3桁)を入力してください。");
            chgScale(myScale);
            function chgScale(myScale){
            //選択したオブジェクト
            var mySelObj = app.activeDocument.selection;
            try {
            //選択オブジェクトの数だけ繰り返す
            for (var j=0; j < mySelObj.length; j++){
            //選択オブジェクトの画像数だけ繰り返す
            for (var i=0; i < mySelObj[j].graphics.length; i++){
            var mySelGra = mySelObj[j];
            //タテ倍率に入力値を反映
            mySelGra.graphics[i].verticalScale *= myScale/100;
            //ヨコ倍率に入力値を反映
            mySelGra.graphics[i].horizontalScale *= myScale/100;
            }
            }
            }catch(e){
            alert("画像フレームを選択ツール(黒矢印)で選択してください。("+e+")");
            }
            }

             


            組版時間を半減する! InDesign自動処理実例集

            組版時間を半減する! InDesign自動処理実例集
            (株)シータス,古籏 一浩


            神速InDesign

            神速InDesign
            森裕司,尾花暁,たけうちとおる,宮地知,今関洋一,結城しおり


            | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            pagetop
            理想の体の計算式(BMI)
            JavaScript / 84min
            0

              身長と体重を入力してください。

               

              身長 cm  体重 kg

              今のあなたのBMIは

              ホンマでっか!?TVで言っていた
              理想のBMIの値は20.75

              その値にするための理想体重は kg


              というのを作ってみました。
              理想のモテる体は結構細身なのでした。
               

               

              MTG SIXPAD(シックスパッド) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

              | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              pagetop
              InDesign 画像一括変倍修正スクリプトを作ってみた
              JavaScript / 84min
              0

                InDesignのドキュメントに配置した画像が操作ミスで縦長になってしまったりする事があります。
                それらをひとつひとつチェックして修正するのも手間ですので、ページ内のオブジェクトを選択して「エィ!」と一括処理しようと思って作りました。

                JUGEMテーマ:graphic design
                //自動変倍修正スクリプト
                //選択した画像の縦・横の変倍修正します。(大きい方にあわせる)
                scaleXeqY();
                function scaleXeqY(){
                //選択したオブジェクト
                var mySelObj = app.activeDocument.selection;
                try {
                //選択オブジェクトの数だけ繰り返す
                for (var j=0; j < mySelObj.length; j++){
                //選択オブジェクトの画像数だけ繰り返す
                for (var i=0; i < mySelObj[j].graphics.length; i++){
                var mySelGra = mySelObj[j];
                //画像のスケールヨコ
                var myImgW = mySelGra.graphics[i].horizontalScale;
                //画像のスケールタテ
                var myImgH = mySelGra.graphics[i].verticalScale;
                //ヨコ倍率の方が大きい場合は
                if (myImgW > myImgH){
                //タテ倍率をヨコ倍率にあわせる
                mySelGra.graphics[i].verticalScale = myImgW;
                //タテ倍率の方が大きい場合は
                }else if(myImgH > myImgW){
                //タテ倍率をヨコ倍率にあわせる
                mySelGra.graphics[i].horizontalScale = myImgH;
                }
                }
                }
                }catch(e){
                alert("画像フレームを選択ツール(黒矢印)で選択してください。("+e+")");
                }
                }

                組版時間を半減する! InDesign自動処理実例集

                組版時間を半減する! InDesign自動処理実例集
                (株)シータス,古籏 一浩

                神速InDesign
                神速InDesign
                森裕司,尾花暁,たけうちとおる,宮地知,今関洋一,結城しおり
                | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                pagetop
                 | 1/1 |