当番表メーカー
当番表メーカー


RECOMMEND ENTRIES

八咫烏発砲インキでTシャツフラメンコ イラストアボイダーアウディ姫センバルセロナの街トマムの雲海アンコールワットラオスだんじりパロネラパーク


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
LANGUAGE




PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
SEARCH
   
   
   
MOBILE
qrcode
LINKS
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
「つちのこ館」に行ってみた
/ 84min
0

    つちのこ館

    ローカル列車の旅の目的地に設定したのが「つちのこ館」。
    岐阜方面に行くと決めて、ロックオン。
    電車で行けるんだろうか(汗)・・・

    白川口駅

    高山本線

    高山本線が単線だから本数が少なく、バスもめちゃくちゃ少ないので、ローカル列車の旅を経験していこう派の私もこれはキツイと感じた。
    断然車で行かれる事をおすすめする。

    つちのこ館前
    白川口駅から濃飛バスで30分くらい片道¥820だった。

    つっちー&のこりん

    つちのこ館
    展示スペースは2F(有料¥300)

    つちのこ館 

    つちのこの生態や目撃情報など豊富な資料が手書きのパネルで展示されていて、つちのこワールドに引き込まれてしまう。
    ​いかんいかん...帰りのバスを乗り過ごせない。

    つちのこ館 

    つちのこ館

    つちのこ館
    特産品の販売所でグッズを買うのも旅の目的。

    つっちー&のこりん
    けっこう気にいってるのが「つっちー」と「のこりん」

    つっちー&のこりん
    キーホルダーの方は足がある...
    足がなくてしっぽがニョロってなってるところが好きなんだけどなぁ。


    つちのこ館

    〒509-1395 岐阜県加茂郡東白川村神土426−1
    Googleマップ


    濃飛バス
    白川町、東白川村内路線 美濃白川営業所 TEL0574-72-1023
    http://www.nouhibus.co.jp/new/noriai.html


    「つちのこフェスタ」
    幻の生物“つちのこ”を捜索する村を挙げての一大イベント!
    5月3日は東白川村へ!
    http://www.vill.higashishirakawa.gifu.jp/tu/tutinoko.htm
     

    JUGEMテーマ:一人旅
    | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    pagetop
    「南極観測船 ふじ」を見にいってみた
    / 84min
    0










      ふじ(JMSDF AGB FUJI class)は、日本の文部省の二代目南極観測船であり、日本では初となる極地用の本格的な砕氷艦として建造された。
      自衛艦としては初のヘリコプター搭載艦でもある。 海上自衛隊艦番号AGB-5001。1965年(昭和40年)3月18日に進水、7月15日に竣工。同年から南極観測船としての役割を海上保安庁の宗谷より引継ぎ、1983年(昭和58年)4月まで海上自衛隊により運用され南極地域観測隊輸送に従事した。
      1984年4月11日退役。退役の後は南極観測に関する博物館として名古屋港ガーデンふ頭に係留され1985年8月から一般公開されている。後継艦は「しらせ」(初代)。
      Wikipwdiaより


      もちろん乗り込みたくて来たので、ふじの入場とポートビルの展望室への共通券を購入した。


      船内はこんな感じ。
















      デッキにも行けた。


      ポートタワーの展望室より。


      南極観測船ふじ
      〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−1−9
      Google map:http://goo.gl/maps/vxCkV
      | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      pagetop
      巨大まねきネコ「とこにゃん」を見に行った
      / 84min
      0

        とこにゃん

        とこにゃん

        とこにゃん

        巨大まねきネコが! 首から上だけ!
        そのセンスに惹かれて導かれた。
        常滑市(とこなめし)だからとこにゃん。
        右手を挙げている猫は金運を招き、左手を挙げている猫は人を招くとされているそうな。
        とこにゃんは左だ。

        とこにゃん
        〒479-0836 愛知県常滑市栄町2丁目14の付近
        Google maps :http://goo.gl/maps/BB9Wg
         

        JUGEMテーマ:旅写真
        | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        pagetop
        雨の日のひこにゃん
        / 84min
        0
          ひこにゃんを見に彦根城へいってみた。


          晴れの日は違うかもしれないが、こんな感じだった。








          魚を見せびらかす的なシュールなパフォーマンスをしながら近づいてきた。
          ポーズもなんかかわいい。
          彦根駅前にあった井伊直政像
          ひこにゃんの兜は「井伊の赤備え」として有名な井伊家の伝来品をモデルとしているそうだ。

          JUGEMテーマ:旅写真
          | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          pagetop
          あのカプセルホテルに泊まってみた
          / 84min
          0
            テレビで見て泊まってみたいと思っていたカプセルホテル
            nine hoursに泊まってみた。

            利用者は外国人バックパッカーが多かった印象。
            カプセルホテルというものが外国人にとってめずらしい上に、さらにSF感が洗練されているからウケてるんだろう。
            私も心躍るものを感じた。

            ¥3800/一泊だった。
            http://ninehours.co.jp(サイトから予約可)
            京都:河原町駅から3分
            成田空港:成田空港第2ビル直結


            9h

            9h

            9h

            9h

            9h

             
            JUGEMテーマ:旅行
            | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            pagetop
            巨大カブトムシ
            / 84min
            0
              カブトムシ

              通りがかりでこんな物に出会うなんて
              旅のしがいがある「いい所」だぁ。
              in 鹿児島県。








              鹿児島県大崎町

              JUGEMテーマ:旅写真
              | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              pagetop
              潜水艦に乗り込める!「てつのくじら館」
              / 84min
              0
                実物の潜水艦がど〜んと外に鎮座しているこの風景!
                この潜水艦は実際に海上自衛隊で就役していた「あきしお」。
                2007年4月5日開館。
                http://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

                1/10の戦艦大和を展示している「大和ミュージアム」が有名ですが、そこから見えるほど、近所にあります。
                てつのくじら館は入館無料!



                展示物もたくさんあります。
                潜水艦「あきしお」に乗り込み開始!

                侵入してきた水をキュッキュっと閉めるやつでしょうか?

                めっちゃかっこいい。

                元サブマリナーのおっちゃんが潜望鏡を覗かせてくれたり、色々な話をしてくれました。


                JUGEMテーマ:旅写真
                | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                pagetop
                直島いいとこ
                / 84min
                0
                  直島
                  直島に到着して疑問に思ったのは、欧米人観光客が多い事。
                  直島には何があるんだろうか?

                  wikipediaによると、
                  ベネッセアートサイト直島…建築やアート鑑賞など。安藤忠雄によるホテル・ベネッセハウスへの宿泊、島内の集落でのアート作品鑑賞などのコースが、国内の旅行雑誌よりむしろ欧米などの高級リゾートホテル誌に取り上げられることが多く、徐々に外国人観光客が増えている。...との事。

                  直島そんなにか!と驚いて調べると、見どころがたくさんで、まわりきれないなどのアドバイスがあったほど。
                  でもまぁ、私達は1泊2日でおなかいっぱいにはなりましたよ。
                  私が行ったところで「いいとこ」ランキングをまとめてみた。
                  1位 地中美術館
                  2位 南寺(家プロジェクトの一つ)
                  3位 キャンプ場「つつじ荘」でキャンピングカーに宿泊
                  4位 草間彌生のカボチャ
                  5位 直島銭湯「I♥湯」

                  家プロジェクトは6軒あり、レンタルの自転車でまわったけど、半日もかからない程度でした。
                  ほんとは、つつじ荘のパオ(モンゴルの遊牧民のテント)に泊まりたかったが、予約いっぱいで、叶わず。

                  1位と2位の心動かされたのがジェームズ・タレルの作品。
                  インスタレーションという体験するタイプの作品で、いままでにあんまりそういうのなかったし、おおがかりで、すごかった。

                  ジェームズ・タレル
                  http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・タレル
                  家プロジェクトより

                  直島

                  『南寺(みなみでら)』1999年制作
                  明治時代まで寺のあった場所に、安藤忠雄設計で周囲や歴史的文脈と調和した建物を新築し、内部にタレルのインスタレーション『バックサイド・オブ・ザ・ムーン』を展示。彼の『アパチャー』シリーズに属する、真っ暗の部屋に入って数分経つと目が慣れて光のスクリーンが見えてくるという、「暗闇に目が慣れる」という身体感覚を体感できる作品。南寺の場合、内部は完全な暗黒で自分の身体が視認できず自分自身が存在するという感覚を失うほどであり、しかも目が慣れるまで10〜20分かかる最長のものであるため、体験中に感じる蘇生感や身体感覚の変化は強烈なものがある。入場制限があるため、しばしば待ち時間が生じる。



                  直島
                  港にあるカボチャ
                  直島
                  ホワイトベース的な小学校
                  直島
                  ゾウの像
                  直島
                  パオ(泊まってみたい!)
                  直島

                  直島

                  直島 直島
                  キャンピングカー初体験
                  直島
                  直島銭湯
                  直島
                  夜のライトアップがいいね!
                  直島
                  家プロジェクトの建物たち
                  直島

                  直島 直島
                  島の風景。
                  直島 直島
                  古民家のカフェ。ふわとろのオムカレーうまかったです。

                  直島へは大阪から3時間ほどでした。
                  電車で、
                  新大阪 --- 岡山 --- 宇野
                  フェリーで
                  宇野港 --- 直島


                  JUGEMテーマ:島旅
                  | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  pagetop
                  姫路セントラルパーク
                  / 84min
                  0

                    すごく接近してまいりました(;´Д`A
                    車という箱の中にいても、襲われたら、ただではすまないと感じるほどの迫力。
                    トラのゾーンではトラがこっちに向かってきて、車内では、5人の大人が「うわわわわ〜来たで〜」と騒ぐ場面もありました。

                    車で乗り込むサファリ以外にも歩きながら動物にふれあえるエリアもあって、小さなお子さん連れ家族も楽しめるところだと思いました。


                    | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    pagetop
                     | 1/1 |